市販

たくさん飼っている方へ

ワンちゃんが大好きな方は、複数のワンちゃんを飼っている場合もあるでしょう。
また、今は一匹だけ飼っているけれど、今後もっと飼いたいと思っている方もいらっしゃるかもしれません。
大好きなワンちゃんに囲まれての生活は、犬好きの方には凄く幸せなことでしょう。
しかし、そうなると少々悩むのがドッグフードの事ではないかと思います。
なぜなら、ワンちゃんの大きさや種類によってオススメしたいドッグフードも変わってくるからです。

理想は、同じ種類のワンちゃんを飼うこと。
または、ワンちゃんそれぞれに合ったドッグフードを購入することです。
しかし、それではドッグフードの管理も大変になってしまうことでしょう。
中には、別のワンちゃんの餌まで食べてしまう食いしん坊な子もいます。
これでは、上手くカロリーコントロールするのも難しいでしょう。

複数のワンちゃんを飼う場合、オススメしたいのがhttp://www.ph-home.jp/tadanngai.htmlにも書いてあるように、その中で一番小さいワンちゃんに合ったドッグフードを選ぶことです。
そして、それぞれのワンちゃんに必要な量を与えるのです。
こうすることで、比較的簡単にドッグフード管理ができますし、カロリー管理も可能になります。
大きなワンちゃんに合せてドッグフードを選んでしまうと、小さいワンちゃんが食べることが難しくなってしまうこともあります。
ですから、小さいワンちゃんでも食べることができるものを選ぶのがコツなのです。
年齢の違うワンちゃんを複数匹飼っている場合は、仔犬には仔犬用のドッグフード
1歳になってからは成犬用、7歳頃からはシニア向けのドッグフードにするなど年齢別で分ける必要があります。

ドッグフードは、なるべく空気に触れないようにすることがポイントです。
封を切ったドッグフードは、密封して常温で保管するようにしましょう。
直射日光を避けて置くことも忘れないで下さい。
またウェットタイプのものでしたら、開封後はその日のうちに食べてしまうことが理想です。
開封したものは、密封して冷蔵庫などで保管するようにして下さい。
ドッグフードの中にはびっくりするほど賞味期限が長いものもあります。
そのような商品には注意が必要です。
なぜなら、保存料や添加物などがたくさん含まれているものも多いからです。
賞味期限を過ぎたものを食べさせないことはもちろん、賞味期限の長すぎるドッグフードも避けた方が安心かもしれません。

MENU
Copyright(C)ワンちゃんの健康的な生活のために必要な事