市販

カロリーもチェック

ワンちゃんに与えるドッグフードは、是非吟味して選んで頂きたいと思います。
そしてもう一つ大切なことは、ワンちゃんに与える量。
つまりカロリーです。
人間であれば、自分のスタイルをチェックしながら食べる量を増やしたり減らすなどして、体重コントロールをすることができるでしょう。
ところがワンちゃんはそう言うことはできません。
目の前に出された物は全部食べてしまうことでしょう。
ですから、カロリーを考えずにたくさん与えてしまうと、ワンちゃんはあっという間に太ってしまいます。

もし、ワンちゃんのウンチを見てゆるいように感じたら、ドッグフードの量が多すぎるることも考えられます。
ですから、毎日ワンちゃんのウンチはチェックしてあげて下さい。
ドッグフードは、ワンちゃんによって必要量が違います。
年齢や体重によっても違いますし、生理状態によっても違います。
去勢したワンちゃんでしたら、ドッグフードの与える量も減らさなければなりません。
それが可哀そうに思うなら、去勢したワンちゃん用のドッグフードもありますので、そちらを選んでみるのも賢い方法です。

運動する量が多いワンちゃんでしたら、カロリーも必要ですし筋肉量も多いですからドッグフードもたくさん必要になるでしょう。
このように、一匹ずつそれぞれ必要カロリーは違うのです。
ドッグフードは、目安として体重のおよそ1パーセントから2パーセントくらいの量が、丁度良いと言われています。
ですから、ワンちゃんがどれ位の体重であるのか把握しておくことも飼い主さんの責任と言えます。
必要なドッグフードの量が分かったら、それを一日に与える回数で分けます。
一日に二回与える場合は半分づつに、一日に三回与えるなら三分の一ずつを与えます。
ポイントは毎日決まった時間に与えるようにすることです。

カロリーは、目分量で適当に計って与えることが無いようにしたいものです。
しっかりと計量カップなどを使って計ってから与えること。
面倒に思うかもしれませんが、これもまたワンちゃんの健康の為だと思って行って欲しいと思います。

MENU
Copyright(C)ワンちゃんの健康的な生活のために必要な事